春先のパンコイ!産卵期で食い渋る鯉たち 宮崎市新別府川の4月上旬鯉釣り記録

4月上旬、宮崎市新別府川での鯉は産卵中のためか、回遊もあまり見られず食いの渋い状況です。

※鯉の乗っ込みは小型から開始し、サイズが大きくなるほど時期が遅れるそうです。

現段階では小型の乗っ込みは一旦落ち着いているようです。

そんな中、散発ですがパンコイにより鯉の釣果がありましたので投稿します。

(4月7日、9日、10日の釣行でいずれも中型の鯉とフナです)

パンコイのバイブル「パンコイくらぶ―明日からはじめる簡単なコイ釣り (Rod and Reelの本)

4月7日の釣果:鯉2匹、フナ1匹

4月9日の釣果:鯉2匹

4月10日の釣果:鯉1匹

産卵中の鯉は積極的に餌を追わない

4月上旬は鯉の産卵期に当たり、餌の食パンには見向きもしない感じがします。

産卵中の鯉も数が減っているようで、産卵が終了すれば鯉の食いも復活するかもしれません。

宮崎市新別府川で鯉釣りを開始し約2年が経過しました。

季節により鯉の行動パターンがどのように変化するか、まだ把握できていないのが現状です。

今後もフィールドに出かけ、鯉がどのように行動しているのか、データ収集してみようと思います。

鯉釣りはデータ収集に時間がかかるため、まだまだ年月をかけて精進いたします。

この記事を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

⇓今後は仕掛けを変え、こちらの餌で鯉釣りに挑戦してみます。

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
にほんブログ村


釣行記ランキング