パンコイにスレた鯉を釣る!大量の撒き餌と丸めた食パンにヒット!宮崎市新別府川211116釣行記

宮崎市新別府川でパンコイの鯉釣りを開始し、約1年が過ぎようとしております。食パンを浮かせたパンコイ仕掛けに鯉がスレてしまい、通常のパンコイ仕掛けでは釣り上げるのが難しくなっています。

そこでフロートを外し、食パンの餌を丸めて沈めた仕掛けにより釣果を得ています。トップの釣りとは異なる鯉釣りの仕掛けに、ようやく慣れてきました。

とはゆうものの、沈めたパンコイ仕掛けに少々鯉がスレてきましたので、多めの撒き餌で鯉釣りに挑戦してみました。

今回はパンコイのフロートを外した仕掛けで、新別府川の鯉釣りを楽しみましたのでご紹介いたします。

パンコイのポイントに鯉がいない

今年の新別府川は、昨年のように鯉の回遊を見ることができません。原因が分からないものの、先月の大雨の増水以降、鯉の姿を少なく感じています。

川下に鯉が降りてしまったのか、しかし鯉がいないとも言えません。恐らく、草むらに潜り込んでいるのでは、と想像しました。

パンコイにオカラの大量撒き餌

今回は、多めの撒き餌を用意しています。先月からの釣行により、新別府川の鯉は活性が低いと考えていたからです。画像はオカラで、あらかじめニワトリの餌を混ぜており、撒き餌としています。

通常のパンコイでは、撒き餌を多めに撒くことはあまりなく、活性が低いときに撒く量が少ないのではないでしょうか。鯉の姿が見えない中、新別府川を汚さない程度に、撒き餌を撒いてみました。

沈めパンコイに鯉がヒット!

新別府川に多めの撒き餌を打ち、餌の食パンを丸めて沈めた仕掛けで粘っていると、突然大きなアタリ。

竿はタマミ用の5.3m、リール10000番の強めの仕掛けなので、あっとゆう間に鯉をキャッチできました。

鯉の大きさは70cm位で重さ約5kgでした。新別府のパンコイで釣れる鯉は健康でパワーもあり、強い引きで釣りを楽しめます。

パンコイで釣れた鯉はリリース

パンコイで釣れた鯉は、大きさを測定した後、早めにリリースします。ゆっくりと新別府川に帰りました。

パンコイの帰りにコスモスで癒され

画像がピンボケで申し訳ございません。今年もコスモスの季節となりました。新別府川近くの田んぼでコスモスが咲いております。パンコイは自転車での釣行ですが、釣りの帰りに田んぼで咲いているコスモスに癒されました。

これから宮崎市も冬を迎え、寒さも増してきます。のんびりパンコイを楽しみたく、そう思い帰路につきました。

この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。