3月下旬のパンコイ!田植えの泥濁り河川で乗っ込み期の鯉を釣る!宮崎市新別府川220327鯉釣り記録

3月も下旬となり、宮崎市新別府川近くの田んぼでは田植えが始まっています。

田んぼの泥濁りが入りましたが、乗っ込み期となり回遊も開始した鯉をパンコイで釣りました。

結果はおおむね50~70cmの鯉3匹です。

パンコイのバイブル「パンコイくらぶ―明日からはじめる簡単なコイ釣り (Rod and Reelの本)

スポンサーリンク

田植えの泥濁りの中、パンコイで乗っ込み鯉を狙う

宮崎市新別府川近くは早期米の田植えの季節となりました。

泥濁りの状況ですが、小さな流れ込みを見つけ、そこをポイントに設定しました。

春先の鯉は流れ込みを好むようです

今までの経験で、乗っ込み期の鯉は川登りをはじめ、流れ込みなどに集まってくることが分かっています。

田んぼからの流れ込みの近くをポイントに設定し、水面に浮かぶ食パンを食わせるよう、食パンの耳とオカラを撒き餌としてみました。

数分経つと、流れ込みの撒き餌に数匹の鯉が集まってきました。

人の気配を消して食パンの白い部分を付け餌として、鯉の目の前にそっと落としてみます。

餌の食パンを拾う鯉を釣る

流れ込みの鯉は、割と素直に餌を食パンを食べており、お陰様で3匹の鯉を釣ることが出来ました。

パンコイ1匹目の鯉です

パンコイ2匹目の鯉です

パンコイ3匹目の鯉です

まとめ

今回はパンコイ仕掛けで流れ込みに集まる乗っ込み期の鯉を3匹釣ることが出来ました。

新別府川の鯉は、2月に回遊の姿をみれなかったものの、3月中旬以降に回遊をしています。

冬場と異なり、3月下旬にもなると水面の食パンを拾うようです。

そのため、食パン餌を丸めて川底を狙う沈めパンコイより、水面狙いのパンコイの方が鯉の活性に合っているのかもしれません。

鯉の動きに合わせて、仕掛けや釣り方を変えてみるのも、楽しみのひとつかなと感じています。

これから4月に入り、降水により川の水かさが増せば、さらに鯉釣りエリアが広がることでしょう。

この記事を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
にほんブログ村


釣行記ランキング

 

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ