水面の食パンで乗っ込みの鯉を釣る!宮崎市新別府川パンコイ220320鯉釣り記録

3月も下旬に入り、宮崎市新別府川の鯉の乗っ込みも本格化しだしました。

生活圏の近い小河川でパンコイ仕掛けにより釣果を得ましたので投稿いたします。

水面に浮く食パンを拾う鯉を狙う

宮崎市新別府川は生活圏に近いこともあり、いろいろな鯉の餌が水面に流れています

生活圏に近い河川に住む鯉は水面に餌が流れてくることを学習しているようです。

パンコイ釣行を重ねる中、水面に興味を示す鯉が現れるパターンと、そうでないパターンがあることに気づきました。

まず撒き餌を撒く

鯉が水面に浮く餌に興味を示すか試す。

パンコイ釣行の際は、食パンの耳やオカラなど水面に浮く撒き餌をまず新別府川に撒いてみます。

※オカラには大豆の粒が残っており、水面に浮く撒き餌でコスパもよいため、普段使っています。

オカラ撒き餌は、投げやすくするため小麦粉を混ぜています。今回は小麦を混ぜてみました。鶏の餌を混ぜることもあります。

撒き餌を食べる鯉が現れたらパンコイで狙う

少しずつ水面に浮く撒き餌をしてみて、撒き餌を食べる鯉が現れたら、パンコイを開始します。

撒き餌に反応がなければ沈めパンコイで狙う

もし水面に鯉が現れなければ、沈めパンコイ(食パンを丸めて川底に沈めた脈釣り)で、鯉の回遊ルートや巣穴の近くなどを狙います。

水面に浮く餌を食べる鯉が現れたのでパンコイ開始

早速、撒き餌のオカラと食パンの耳を撒いてみて、水面の餌を食べる鯉が現れたので、パンコイで狙ってみることにしました。

今回は強風のため、釣り研の飛ばしウキをつけ、ハリス約40cmライン直結(八の字結び)としました。

パンコイ釣果

当方の通っている宮崎市新別府川では、この河川のアベレージサイズの50~70cmの鯉を釣ることができました。

釣れた鯉は全てリリースしています。

まとめ

宮崎市新別府川のパンコイでは、水面の撒き餌を食べる鯉がいる場合はパンコイ、水面に鯉が現れなければ沈めパンコイで釣行しています。

現在、水量が少なく釣れる範囲が限られていますが、3月下旬以降のナタネ梅雨になれば水量も増え、パンコイをたのしめる範囲がひろがると思います。

この記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
にほんブログ村


釣行記ランキング