宮崎市晩秋の新別府川でパンコイ!20201122鯉釣り実釣・検証記録!

11月22日宮崎市新別府川で鯉を釣りました。パンコイ仕掛けで釣り開始、結果は60~70cmの鯉2匹でした。

スポンサーリンク

パンコイ釣行の目的

今回は検証したいことがあるため釣行しました。

・水温の低下する11月下旬にパンコイで釣れるのか?
・そもそも回遊するルートや時間帯があるのか?
・大型は中小型と別行動なのか?

その結果を写真とともにお伝えします。

■今回の結果だけでパターンと言えるかは分かりませんが、新別府川のパンコイデータとして自分なりにストックしようと思います。

パンコイフロートは使わない

フロートを警戒してるようです。なのでフロートを外し、ノーシンカーで挑戦しました。

パンコイの撒き餌は食パンの耳とオカラ

午前10時30分頃、60cmクラスの鯉を1匹釣りました

パンコイで鯉を1匹釣ったら何もいなくなった

11時30分に1匹釣った後、午後4時まで魚の気配すら感じません。

午後4時頃、70cm強の鯉を1匹釣りました

きれいな魚体の鯉です。新別府川にリリースしたところ元気に泳いで帰りました。

タックル紹介

ロッドはDAIWAのメガフォースbig fish でリールはシマノの4000番です。リールがロッドよりも弱く、アンバランスなので 、5000番以上の大きさに変更します。

パンコイのバイブル紹介

この本をきっかけに、宮崎市新別府川でパンコイを開始しました。

今回の検証結果

新別府川のパンコイデータストックのため今回3つの検証を行いました。

・水温の低下する11月下旬にパンコイで釣れるのか?

釣れる、けど10月以前のように活発に餌を追わない。しかもフロートに警戒し、スレてしまった。

・そもそも回遊するルートや時間帯があるのか?

新別府川は小さい水路のため鯉を確認しやすく、鯉の回遊するルートをほぼつかんでいます。

鯉が回遊する時間帯は、ほぼ同じということが分かりました。ただし田植えの時期など水かさが増したとき、どのように回遊するかは不明です。

・大型は中小型と別行動なのか?

大型は別行動で中小型より少し離れたところを回遊しています。また大型の群れは、大体1~3匹で草むらに沿って回遊しており、違和感を感じるとすぐ草むらに戻るようです。

フロートをよく見ているようで、近づいて一度不自然なものでないか確認している感じがします。

新別府川の冬季のパンコイに挑戦

これから冬になりますが、新別府川の冬季のパンコイに挑戦します。水温低下により、鯉の活性がどのように変化するか、データ収集をする予定です。

この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。今後とも、新別府川のパンコイ釣行記をよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ