パンコイエリア拡大!宮崎市大淀川にて鯉釣りに初挑戦!梅雨明け210724釣行記

梅雨の開けた宮崎県。梅雨明けと同時に悪天候が続き、なかなかパンコイで竿を出せません。
そんな状況ですが、時折みせる晴れ間を見つけて大淀川でパンコイ釣行を楽しませて頂きました。

今回はパンコイのエリアを拡大するのが目的です。

昨年より、宮崎市新別府川でパンコイを開始したものの、パンコイ仕掛けに鯉がスレてしまったことと、他のエリアでもパンコイを楽しみたいと思うようになり、宮崎市大淀川でのパンコイに挑戦しました。

場所は、とある水門の中で、自転車の移動中に発見したポイントです。試行錯誤の結果、60cm位の鯉一匹の結果となりました。

本稿では、まわりの状況をみて当方なりに練ってみたパンコイ作戦をまとめております。

スポンサーリンク

大淀川の水門近くに鯉がいる!

大淀川の堤防を自転車でポイント探しをしている途中、割と大きな水門を見つけました。
水門を上の方から観察してみたところ、岸沿いに鯉が泳いでいるのを確認しました。

中小型の鯉は2~3匹で群れており、大型の鯉は他のタイミングで、しかも1匹のみ岸沿いを回遊しているようです。

水門の上流に移動してみると、錦鯉も単独で泳いでいました。水門の上流で釣りをしたかったものの、水面まで結構な高さがあり、さらに今回はタモを持参していなかったため、水門の上流でのパンコイをあきらめました。

大淀川水門近くの鯉はスレていた!

まず、食パンの撒き餌で様子を見てみます。水門の下まで降りると、鯉が逃げるため、水門の上から下流部に向けて撒き餌をしてみました。すると、数匹の鯉がすぐに撒き餌の食パンを食べています。

今までの経験ですと、場荒れしてなく、かつ食パンに慣れていない鯉は、餌を拾い出すまで結構時間が掛かっています。
しかし、ここの鯉は撒き餌の食パンをすぐに拾ったため、食パンの餌に慣れているようです。

つまり、ここの鯉はスレている!、と考えました。

試しにパンコイの仕掛けを投げてみましたが、餌の食パンを口にしても、すぐ吐き出す鯉もいました。恐らく、ここにいる鯉は、一度は釣られリリースされた可能性が高いです。

狙いは大淀川水門沿いを回遊する鯉~作戦

撒き餌をして分かったことをまとめ、作戦を練ってみました。

①水門にいる鯉は岸沿いを回遊している
➁ここの鯉はスレている。
③川べりからだと、人の気配で釣れないはず
③つまり、鯉から気づかれないよう、高いところから釣る

この作戦を考えてみました。

しかし、早速パンコイを投入してみますが、パンコイ仕掛けを見切り、本餌の食パンを食いません。
原因を考えてみましたが、パンコイ仕掛けを岸から離しすぎていることと、さらに人の気配を感じているようです。

それならば、作戦を少し変更して、岸ぎりぎりにパンコイ仕掛けを流す
さらに、人影を川に映さず、釣り竿も水面の上で振り回さない

この方法で、パンコイ仕掛けを再投入してみました。

この作戦が功を奏しました。

ようやく60cm位の鯉を一匹ヒット!

数匹の鯉がパンコイに近づいてきますが、もう少しというところで反転して食いません。

それでも根気よく待っていると、60cm位の鯉がようやくヒットしました。撮影後、大淀川にリリースしました。

※メーターオーバーの鯉も目視で確認できましたが、いつの間にか姿を消しています。大型の鯉は簡単には釣れないようです。

このあと、大雨が降り出し、本日は納竿です。

大淀川で鯉釣りを楽しむ際は遊漁承認証を取得しましょう

こちらは、近所の釣り具店で購入しました。内水面で釣りをする際は、ルールをよく調べてみることをお勧めします。

宮崎内水面漁業協同組合連合会

放流・釣り情報・遊漁規則他 | 宮崎県内水面漁業協同組合連合会

宮崎県の遊漁のルール(内水面)について

宮崎県の遊漁のルール(内水面)について

本日の釣行記録

釣行日:2021年7月24日
ポイント:宮崎市大淀川
ターゲット:鯉
ロッド:シマノ改
リール:バイオマスター4000リアドラグ
仕掛け:パンコイ
水量:やや多い
時間:午後3時

これからは大淀川本流でパンコイに挑戦

今までは、小河川や水門など、川幅の狭いポイントでパンコイを楽しんでおりました。

これからは、小河川より大型を狙える、大淀川本流でパンコイに挑戦してみます。こちらにて、結果を投稿しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

こちらに投稿しますので、ご期待頂けますと幸いです。今後とも、パンコイ釣行記をよろしくお願いいたします。

 

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ