パンコイランガン!宮崎市新別府川で鯉釣りを楽しむ!いつまで続く寒の戻り?210418釣行記

2021年4月、宮崎市は寒の戻りのため、肌寒い日が続いています。

鯉釣りフィールドである、宮崎市新別府川では、水温低下、泥濁り、増水、減水、など状況が急変し、パンコイの難易度も上がっています。このような状況ですが、一つのポイントで鯉を2匹釣ることができました。

スポンサーリンク

パンコイランガン!新別府川の鯉釣りは足で稼ぐ!

早速、釣り座探しです。宮崎市新別府川は相変わらず、田植え期の泥濁りです。

実績のあるポイントを、上流から下流に向け自転車で移動し、鯉を探してみます。「パンコイランガン」です。しかし、鯉の姿を見つけることができません。

そのため、釣果は落ちますが、今までで最も釣れているポイントに移動し、食パンを撒いてみます。約1時間、少しずつパンをまき、様子をみてますと、ようやく鯉の姿を確認できました。

一匹目の鯉ヒット

70cm弱の鯉です。重さは5kg位。新別府川では、まあまあのサイズです。

あちこち釣り座探しで移動し、さらに約1時間ほど撒き餌の食パンをまきましたので、釣れた喜びもひとしおです。

早速、リリースしました。

2匹目の鯉ヒット

2匹目の鯉は、60cm弱でした。重さは3kg前後でしょうか。2匹目はサイズダウンです。

こちらの鯉も新別府川にリリースです。

パンコイのバイブルを紹介

パンコイを始めるきっかけとなった本です。フロートの作り方も記載されているので、おススメです。

パンコイのキモは場所

昨年の秋から、宮崎市新別府川でパンコイを楽しんでいます。パン鯉歴は、約半年ほどですが、この釣りのキモは場所にあると感じています。

それも、撒き餌のパンをまいたとき、餌を吸い込む鯉のいることが大切なようです。よく見かけるのが、撒き餌の食パンに見向きもせず、頭を上に向けない鯉の場合は、パンコイで釣るのは難しいです。

むさぼるように、撒き餌の食パンを吸い込む鯉がどこにいるか、自転車で移動しながら探すことが大切といえましょう。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ