乗っ込みパンコイ!撒き餌で活性の上がった鯉を釣る!宮崎市新別府川220319釣行記

3月も下旬が近づき、宮崎市新別府川の鯉は乗っ込み期を迎えたようです。

今回は、オカラの水面に浮かぶ撒き餌に活性の上がった鯉を、パンコイで釣ることができました。

ポイントはいつもの寒鯉の越冬場所で、中~小型の鯉の姿を見れたものの、大型の鯉は姿を現さない状況です。

スポンサーリンク

乗っ込みの鯉だからか食欲旺盛

宮崎市新別府川の寒鯉ポイントに到着し、すぐにオカラの撒き餌をまいてみました。

既に餌付けができているせいか、中小型の鯉の群れが水面に浮かぶ撒き餌に反応しています。

活性の高い鯉はパンコイで釣れる可能性があるため、餌を沈めず飛ばしウキに針だけのシンプルパンコイ仕掛けで狙ってみました。

パンコイを時々見切るものの鯉がヒット!

今回は7匹の鯉を釣りましたが、動画に収めているのは釣れたうちの数匹です。

釣れた鯉は約50cm~70cmの大きさで、中には抱卵した個体もいました。

パンコイで釣れた鯉は全てリリースしています。

新別府川に元気に帰って行きました。

まとめ

昨年の同時期は、乗っ込み鯉の数釣りまで及びませんでした。

今年はパンコイに慣れ、鯉の季節の行動パターンも少しずつ分かってきたので、数匹の釣果を得ています。

春先は数が出るものの、型をみるのは難しいのかもしれません。

これからも鯉の季節ごとの行動パターンを調べ、鯉釣りデータを集めてみます。

この投稿を最後までご覧いただきありがとうございましした。

にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
にほんブログ村


釣行記ランキング

 

 

 

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ