続々・春のパンコイ!産卵後に活性の上がる鯉!22年5月上旬宮崎市新別府川の鯉釣り記録

2022年5月上旬、宮崎市新別府川の上流域では鯉の産卵も終了したようです。

産卵後の鯉は体力も復活し、先月よりも、パンコイのえさである食パンを食べるようになりました。

ここでは、5月上旬(5月3日~7日)に、活性のあがった鯉のパンコイ釣果をお伝えします。

パンコイのバイブル「パンコイくらぶ―明日からはじめる簡単なコイ釣り (Rod and Reelの本)

スポンサーリンク

4月中旬~下旬は鯉の食いが渋る

宮崎市新別府川の上流域では、4月の上旬に鯉の乗っ込みがおこなわれます。

普段、鯉を目にしない浅場に、数匹の鯉が産卵のためバタバタと集まっていました。

しかし、鯉の産卵が終了すると、浅場にいた鯉はどこかに姿を消したようです。

この時期は鯉の活性が一旦下がり、パンコイではとても釣りにくくなります。

※鯉の姿を見かけないうえ、水面の餌の食パンを追う鯉は激減しています。

活性の低い鯉は、沈めパンコイで狙うのがコツ!

⇓冬場のパンコイ記事ですが、活性の低い鯉を狙うコツを自分なりにまとめました。
パンコイ難易度高い冬の鯉釣り!自分なりのノウハウをお伝えします!



5月に入りコンディション改善

5月に入ると、新別府川の鯉のコンディションもよくなり、抱卵していない鯉が少しずつ釣れるようになりました。

しかし、新別府川のミドリガメも活発になり、パンコイに入れ食い状態となります。

ミドリガメは、水面から川底まで、活発に餌を追うので、パンコイで一番のエサ取りといえます。

そこで、5月に入ってからは、ミドリガメが掛かっても、ぶり上げ可能なタックル(磯竿8号+スピニングリール6000番+PE5号+鯉針18号)に変更しています。

※冬場は亀の姿をみることもすくなく、タックルは小さめ(磯竿3号位)でも、鯉とのやりとりは大丈夫でした。


パンコイ5月3日の釣果

とてもよい天気でした。

新別府川の上流域では、アベレージサイズの60cm前後の鯉がパンコイで釣れました。

1匹目

2匹目

3匹目



パンコイ5月4日の釣果

1匹目

2匹目

3匹目

パンコイ5月7日の釣果

1匹目

2匹目

3匹目

4匹目

 

まとめ

今回は5月上旬のパンコイ釣果をまとめてみました。

新別府川の上流域では、乗っ込みも終了し、ようやく鯉のコンディションも上がりつつあります。

もうすぐ宮崎市は梅雨入り?するかもしれません。

これからは梅雨時期のパンコイにも挑戦し、鯉釣りデータをあつめてみます。

この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

宮崎での釣行で役立つ天候ほか情報集


にほんブログ村 釣りブログ 釣り情報へ
にほんブログ村


釣行記ランキング

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ