衝撃事実!大型の鯉は亀の下に!宮崎市新別府川パンコイ210304釣行記80cmオーバー

2021年3月4日、宮崎市新別府川で鯉を釣るべくパンコイ釣行しました。小雨の中、寒さに耐えながらも80cmクラスの鯉をキャッチです!

今回は大型の鯉の行動について、新たな発見があったため、その事実をお伝えします。

スポンサーリンク

衝撃事実!大型の鯉は亀の下にいる!動画に収めました!

非常に見えにくい動画ですが、パンコイの餌をつつく亀の下の右側より鯉がうろついています。あたかも、亀の動きを見て安全かどうか判断しているようです。

しかも、新別府川を回遊してきた鯉の内、ある程度のサイズ以上の鯉は、必ずといってよいほど亀の真下で様子を見ています。

とすれば亀に安全確認させて大型の鯉に餌を食わせればよい

そもそも50cmに満たない小型の鯉を釣る気はなく、大型の鯉だけ選んで釣りたいため、あえて亀の集まっている場所に、パンコイ仕掛を投じてみました。あっという間に亀の餌食となり、パンコイにヒットします。

しかし、強めのタックルで挑みましたので、次々と餌にくいつく亀をぶり上げです。

■今回のタックル紹介
ヤフオク!で手に入れたオリンピックの80号の船竿+ダイワの6000番のリール+道糸PE10号+ハリスケプラーノット25号+石鯛針12号

ようやく80cmクラスの鯉をキャッチ

餌取り亀に悩まされながらも、ようやく80cmクラスの鯉を1匹キャッチしました。

鯉の大きさを測定し、新別府川にリリースです。今回も動画に収めました。デジカメで撮影しています。

パンコイのバイブル紹介

こちらはパンコイのバイブルです。この本をきっかけにパンコイを開始しました。これ一冊でパンコイはOK!おすすめです。

そこで大型を釣る教訓

あくまで新別府川のローカル情報ですが

・大型は亀の下で様子を見ている。
・大型を釣るため亀をかわす。

さらにこれまでの教訓

小型の鯉(50cm以下)を釣ると、大型は一瞬でいなくなる。大型狙いなら小型を避けながら釣る。

これらの教訓を踏まえたうえで、次回の釣行に臨みます。

この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ