ナマズを食パンで釣る~パンナマズ!宮崎市新別府川で新たな試み!210821釣行記

ナマズ
ナマズ

普段は、宮崎市新別府川でパンコイを楽しんでおります。盆明けの蒸し暑い中、パンコイ仕掛けでナマズを一匹釣りました。

今までにナマズを釣ってはいますが、専門に狙ったことはありません。

これからは、パンコイと同様、食パン餌でナマズを狙ってみたいと考えています。

まずは、第一匹目のナマズということで、本投稿で釣り方などお伝えします。

rentry

スポンサーリンク

ナマズをパンコイ仕掛けで狙えるのか?

以前のパンコイ釣行で、ナマズが撒き餌の食パンに寄って来るのを見たことがあります。
(なお、積極的に撒き餌を拾ってはいませんでした)

また、以前のパンコイ釣行では、パンコイ仕掛を瀬の落ち込みに流したところ、ナマズがヒットしたことがあります。

さらに、ボチャン!という着水音の直後でしたので、着水音に秘訣があるかもしれません。

それ以降、ナマズは瀬の落ち込みなどでベイトを待ち構えているに違いない、と考えるようになりました。

しかし、いつも同じ場所でヒットすることも無く、ナマズには気まぐれな面がある?と感じています。

なお、食パンでナマズを狙う釣法を、今回の釣行を記念に、勝手に「パンナマズ」と名付けました。

ナマズは鯉と習性が異なるであろうと考えたので、とりあえず、普段のパンコイ仕掛を鯉釣りとは異なるポイントに、あちこち投げてみました。

 

流れ込みのヨレにパンコイ仕掛を投げ込むとすぐにヒット!

今回のヒットポイントは、流れ込みのヨレです。動画に収めております。

こちらにパンコイ仕掛を投げ込むと、いきなり水面を割りました
※流れのある場所が良いのか、これからも検証が必要です。

子ナマズではありましたが、楽しめました。
早速リリースしました。これから大きくなって、新別府川で長生きしてください。

ナマズはパンコイの着水音に反応している?

今回も、以前ばらしたときと同じく、パンコイのボチャン!の着水音の後にヒットしています。

着水音が有効かは、これからも検証が必要です。

今の時期の新別府川にはベイトが沢山!

動画は多分オイカワで、流れのある場所に大量発生しています。餌の食パンがあっという間になくなってしまいます。

今年の梅雨明け頃から姿を見せるようになりました。毛バリでオイカワを釣っても面白いかもしれません。

今後は、釣行の際に餌付けのため、ニワトリのエサなど撒いてみようか考えています。

※新別府川に新たな生命が宿っていると思うと、とても感慨深く、いつまでも自然が残っていて欲しいです。

パンナマズフロート兼ポッパーを自作

釣行後、新別府川の状況に合わせ、パンナマズフロート兼ポッパーを作ってみました。

パンコイフロート(自作)が直径2.5cmに対し、パンナマズフロートは直径3cmです。
・鉛3号×2個、ステンレス線0.8mm、底面を削り浮力調整しています。

当方は、のりの上から釣りをしますので、フロート・タックルともに、通常より大きめと思います。
高さは、概ね5m位、高い場所ですと約10m位あります。

こちらのフロート、強度テストは未実施、肌感ですと10kg位の重さが掛かっても破損しないと思います。
(ちなみに、パンコイでは、フロートの破損でなく、針がのばされPEラインが切れる、などのトラブルの方が多い感じです。)

一応、パン餌が無くても、ポッパーとしても使える?よう自作しています。


■パンコイでは、仕掛回収時(食パンのない状態)に、何者かが追跡してきた経験が何度かあります。パンコイフロートでポッピングをやったことがないので楽しみです。

形状や操作の仕方は、フィールドテストを行い、修正していこうと思います。
これから更に釣行を重ね、データを収集したいと思います。

この記事をお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ