宮崎市大淀川で川鱸とキビレを釣る!大淀川のリバーシーバス&キビレ実釣編200904

川鱸
川鱸

私の楽しみは宮崎の河川や海で釣りをすることです。今回は宮崎市大淀川の川鱸とキビレの20年9月4日(金)の釣行記をご紹介します。

基本的におかっぱりでウエーディングせず、チャリンコデイゲームです。

スポンサーリンク

台風前の大淀川はやや濁りあり

8月に入り台風シーズンとなりました。台風前の大淀川はやや濁りがあり、状況は悪くないです。

狙いは中潮の満ち込み時

流心近くの障害物に着いている川鱸狙いです。中潮の満ち込み時に流心から餌場に散る川鱸がターゲットです。

川鱸が釣れました!

ようやくリバーシーバスが釣れたものの、釣行の度にサイズが小さくなってます。

また残念ながら、川鱸は毎年釣れなくなってる気がします。

綺麗な魚体のリバーシーバス

元気に大淀川に帰りました。

キビレも釣れました!

瀬周りで何かが餌を追いかけていたためミノーを投げたところキビレが釣れました。

キビレはゆっくりした流れの瀬まわりについていました。

今回の釣りの教訓

毎回、教訓を備忘記録として残そうと思います。

障害物まわりでは粘らない

数頭して出なければ、そこにリバーシーバスはいないと判断。釣れなければ、即移動します。

キビレは緩い流れの瀬についている

干満の差が大きい日の満ちこみ時は、深場の近くの瀬を狙う。キビレは底が透けて見える瀬回りで餌を探している。

釣れなければ、即移動です。

次回の挑戦

フロロリーダー

リーダーをナイロンからフロロに変更します。ナイロンは5号ですが、フロロの4号以下に変えてみてリバーシーバスの食いが変わるか検証してみます。

ポイント

障害物まわりでなく、流れのヨレで川鱸を釣ろうと思います。

大型は流心の変化のあるところにいると考えています。

検証あるのみ

リバーシーバスが釣れたのは、いろいろな要因が絡まっての結果だと考えています。

一つずつ要因をひもといて、情報をシェアできるとよいです。

本日の釣果まとめ

釣行日:2020年8月9日
ポイント:大淀川中流域
ターゲット:川鱸(リバーシーバス)、キビレ
天候:曇り
潮汐:中潮
時間:午後3時~道込み時

今回の記事をご覧になっていただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ