宮崎市大淀川で川鱸を釣る!大淀川のリバーシーバス釣行記!7月初旬の実釣編

川鱸
川鱸

私の楽しみは宮崎の河川や海での釣りです。今回は7月初旬に宮崎市大淀川の川鱸(リバーシーバス)を狙い釣行しました。結果は60cm弱一匹です。

当日は増水の濁りが少し入り、曇天と状況もよく、川鱸釣りを楽しめました。今回の記事では、障害物に付いた川鱸の狙い方をお伝えします。

スポンサーリンク

大淀川の中流域での川鱸(リバーフィッシング)釣り

2020年7月初旬、時期が少し早いのですが、様子見も兼ねて川鱸を釣りに行きました。中潮の満ち込みにタイミングを合わせています。

あまり魚の気配を感じない?

まだ時期が早いため、満潮時、川鱸(リバーシーバス)が広範囲に散っていないと予想しました 。

あまり魚の気配を感じず、プレッシャーも高いのでは?直感です。

狙いは流心の近くの障害物

大淀川の川鱸の居場所を探すと、流心の近くに係留ボートを見つけました 。

ポイントは係留ボートの際です。ボートの際スレスレを狙ったところ、一発で川鱸(リバーシーバス)が釣れました。

釣れたルアーは、アユチュピペンシルです。

当日はプレッシャーがそこそこ高いと思ったので、大きなアクションは付けずほとんど棒引きでした。

川鱸は持ち帰りました

釣れた川鱸(リバーシーバス)ですが、においが少なかったので持ち帰りました。川鱸(リバーシーバス)には、においに個体差があり、大丈夫そうだったら持ち帰っています。

本来であれば血抜きすべきかもしれません。刺身にしたところ、とても美味でした。

今回は刺身醤油でいただきましたが、アライにして酢味噌でいただくのもよいかと思います。

大淀川の恵みに感謝です。

本日の釣果まとめ

釣行日:2020年7月14日
ポイント:大淀川中流域
ターゲット:川鱸(リバーシーバス)
天候:曇り
潮汐:中潮~大潮
時間:午前8時30分頃

今回の記事をご覧になっていただき、ありがとうございました。これからも宮崎市の釣りを投稿しますので、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ