宮崎市大淀川でキビレと川鱸を釣る!大淀川のキビレ・リバーシーバスの釣行記!実釣編200823

キビレ
キビレ川鱸



私の楽しみは宮崎の河川や海で釣りをすることです。今回は宮崎市大淀川の20年8月23日の釣行についてお伝えします。

当日は潮周り、水質ともによく、キビレと川鱸の釣りを楽しめました。

スポンサーリンク

大淀川の早朝の満ち込み時に釣行

狙いは早朝の満ち込み時です。少し曇っていたのも良かったです。

流心近くの障害物まわり

ポイントは流心の近くの、水没した障害物まわりのシャローです。

以前、大潮の干潮時に、障害物を確認しておりますので、シャロー周りの川底を意識しルアーをトレースします。

キビレが釣れました

アユチュピペンシル9cmでキビレが釣れました。ジャカジャカドッグウオークに食いつく瞬間は、何度見ても興奮ものです!

しかし、まだまだキビレの釣れるパターンが読み切れてません。少々難しいですね。

※キビレは、ほぼ入れ食い状態でした。大淀川ではめったにないです。

大淀川の係留ボートの際で川鱸

ポイントを移動し、係留ボートの際で川鱸が釣れました。

さらにポイントを移動します。

川鱸も、ほぼ入れ食い状態でした。

滅多にないチャンス!逃さないようにしたいです

シーズン中に一度は入れ食い状態になることがあります。普段から準備をしておき、チャンスを逃さないようにしたいです。

本日の釣果まとめ

釣行日:2020年8月23日
ポイント:大淀川中流域
ターゲット:キビレ、川鱸(リバーシーバス)というかセイゴ
天候:曇り
潮汐:大潮
時間:午後3時頃~満ち込み

今回の記事をご覧になっていただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ