宮崎市大淀川で川鱸を釣る!大淀川のリバーシーバス釣行記!実釣編200717

川鱸
川鱸

私の楽しみは、宮崎の身近な河川や海などの釣りです。今回は宮崎市大淀川の川鱸(リバーシーバス)20年7月17日の釣行記をご紹介します。

スポンサーリンク

宮崎市大淀川の中流域で川鱸(リバーシーバス)を釣りました。

今回は、ざっとポイントを見たところ、曇天で雨水により増水、しかも泥濁りでなく、コンディションも良いと判断しました。

狙いは障害物(係留ボート)で待ち伏せる川鱸(リバーシーバス)

大淀川の流れは右から左向きです。ポイントは、向かって左側の係留ボートの、左際スレスレです。ボートの底面にくっついてベイトを待つ、待ち伏せ型の川鱸(リバーシーバス)を狙います。

※左側ボートの数メートル先に流心があり、流心から回遊した川鱸が障害物(ボートの底面)にくっついているイメージです。

釣り方をイメージ

ポイントが決まったので、まず釣り方をイメージします。

係留ボートが障害物としては小さめなので、もしヒットしてもエラ洗いでばらしたら終わりです。

また、ルアーを係留ボートに引っかけて竿をおあっても終わりです。

つまり、ワンチャンス!、大淀川の川鱸(リバーシーバス)は一投目で仕留める必要があります。

ちなみに、ルアーのトレースコースが左の係留ボートの右際スレスレですと、上流から流れてくるベイトをイメージしてルアーを流せるものの、右側の大きめのボートでのラインブレイクが気になります。

そこで、ルアーのトレースコースを左の係留ボートの左際スレスレに設定しました。

ヒットルアーはペンシル

トレースコースが決まったので、次はルアーの選択です。

ルアーのコースを目で見て確認できるため、ペンシルを選びました。

選んだルアーは、アユチュピペンシル(9cm)です。こちら残念ながら廃盤です。
※軽くて細めのペンシルなら、いけると思います。

大淀川の川鱸(リバーシーバス)では釣果のあるルアーです。長らく使っているのですが、最近のルアーでも釣果が出ているので、そちらも改めてお伝えします。

アユチュピペンシルをドッグウオークするとヒット!

係留ボートのやや沖にアユチュピペンシルをキャストし、係留ボートの左際スレスレをトレースすると、川鱸(リバーシーバス)は一投目でヒット!

60cm弱の綺麗な魚体の川鱸(リバーシーバス)です。

一旦、岸で撮影し、すぐにリリースしました。

この後、実績のあるポイントに移動しましたが、川鱸(リバーシーバス)はバイトすらなかったです。

おかっぱり川鱸(リバーシーバス)のパターン

自転車での釣行ですので、大淀川の釣り座も限られますが、なるべく広範囲に釣行を重ねます。

なお、おかっぱり川鱸(リバーシーバス)のパターンとしていえることは、

・自転車なので、岸近くに流心のあるポイントをランガン。ウエーディングしないのでかなりポイントが限られます。

・車で入れないポイントを専門に狙う。つまり釣人の出入りの少ないポイントを拾い釣りする。

・釣ったらリリースし、他のポイントで釣行する。場荒れを防ぐためです。

本日の釣果まとめ

釣行日:2020年7月17日
ポイント:大淀川中流域
ターゲット:川鱸(リバーシーバス)
天候:曇りのち晴れ
潮汐:中潮~大潮
時間:午前9時頃

こちらのデータを集めて、今後の川鱸(リバーシーバス)釣行にいかします。

今回の記事をご覧になっていただき、ありがとうございました。これからも宮崎市の釣りを投稿しますので、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ