宮崎市大淀川で川鱸を釣る!大淀川のリバーシーバス釣行記!実釣編200920

川鱸
川鱸

私の楽しみは宮崎の河川や海で釣りをすることです。

今回は宮崎市大淀川の川鱸の20年9月20日(日)の釣行記をご紹介します。

スポンサーリンク

シャローの障害物まわりで川鱸

狙いは満ちこみ時、シャローの障害物に回遊し待ちかまえる個体です。

マズメ時は、驚くほどの浅場に回遊してきます。膝くらいの水深でも大丈夫です。

川鱸(リバーシーバス)ヒット!

川鱸(リバーシーバス)セイゴ1匹ヒット!

早速リリース!

元気に帰って行く姿を見るのが楽しみです!リリースの瞬間に感じる生命感、釣り人の特権と感じてます。

ポイントいろいろ

いつも自転車で、シャローまわりを釣行しております。川鱸の付き場は大体決まっているので、ここでお伝えします。

水没した杭まわり

水量の少ない大潮の干潮時に地形を確認しておきます。

写真では分かりづらいのですが、左側に杭が水没しています。川鱸やキビレが杭に向かって走るとラインが巻かれてキャッチできません。

川鱸がヒットしたら、強引に寄せる必要があります。

水門

水門はどうみてもポイントですがハイプレッシャーです。ちょっとした足音でも川鱸は散ってしまうと考えています。

大橋から西岸の眺め

自転車で大橋の上から大淀川を見下ろします。地形の観察は水量の少ない大潮の干潮時がおすすめです。橋の上からは流心がどこにあるか、障害物はどこにあるかなど、とても分かりやすいです。

写真を撮っておくと帰宅してから釣り場の再確認ができます。今回は満ち込み時でしたので写真では地形が把握しにくいです。申し訳ありません。

宮崎市大淀川の夕暮れ

夕方の大淀川は涼しい風が吹いており快適でした。夕暮れもなかなかの眺めでした。

本日の釣果まとめ

釣行日:2020年9月20日
ポイント:大淀川中流域
ターゲット:川鱸(リバーシーバス)
天候:曇り
潮汐:中潮
時間:午後4時頃~

今回の記事をご覧になっていただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
シェアする
宮崎の釣りを楽しむ